冷めてから叩いていませんか?鉄は熱いうちに叩け

鉄は熱いうちに叩け

ふとしたことで、浮かんでくるアイディアって時々ありますね。

業績に直接影響する本流的なアイディアや、社内のマネジメント・・他にもたくさんあるでしょう。そのひらめいたアイディもいくつかの種類があり、自分だけでもできること、社員や外注先にも協力してもらわなければならないこと。ある一定の時期にならない実行できないこと現状を考えると、即実行したほうが良いこと等々です。

規模が小さく自分1人でも出来てしまうことなんかは当然即実行することができます。しかし、社内、外注先等複数名の協力がなければならないことや、割と多額な予算を必要とする場合どうしてもすんなり事は運びません。

そのうち、数カ所の見積もりに左右され、本末転倒って結果になりかねません。私もよくあります。なんといってもそんなときはまず基本!本来、何をどうするつもりだったのか?あれこれ考え倦ねているうちに思っていたことの半分も効果が出せない結果に終わるなんてもったいないですよね。

近頃、自分でもそうしているのですがまず”実行”鉄は熱いうちに叩け!ですよね。思ったように業績に伸びがないものそんなところに理由があったりすると思うんです。近頃の景気のせいではありません。円高のせいでもありません。大手ハウスメーカーならともかく、社員10名以下の企業であれば、考え方や実行スタイルをちょいと変えるだけで大きな変化が見られるはずです。

空から大金や、契約書が降ってくることはありません。自分の手で実行しなければ願いは叶わないと自分にも言い聞かせ、貯まった仕事を夜な夜なこなしているのでした。

建築知識ビルダーズNo.06コラム連載中です

8月27日発売 X-Knowledge(エクスナレッジ)

【第2特集】
盛り上がりをみせるリフォーム市場
地域工務店の「入口」はどこにある?
にコラムが連載されています。

今回は、地域をしぼる
次回は、商品化&価格設定
次々回は、コストダウンの話・・・と連載される予定です。

新規リフォーム事業を立ち上げる際に、是非お読みいただきたい内容を手抜きせずに書きました。スペースに限りがありますので多少端折った内容になっていますが、普段工務店塾がクライアント様にご指導しているコンテンツと全く一緒です。

6月にコラムの執筆依頼を受け、コツコツ書き始めました。更に細かなことや気になる点やご質問はこちらからどうぞ!お答えできる範囲でお答えいたします。また、ご意見も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

なぜリフォームを始めるのか?

尚、リフォーム事業の立ち上げは、軌道に乗せるまで、独特なコツがあります。

ただ単に、新築が低迷しているので、穴埋めの為に・・・というのであれば少し考え物です。そこにはお金目当てしか存在せず、戦略の無い場当たり的な戦術になってしまいます。きちんとした戦略のもとで新規事業に取り組みたいものです。

工務店塾ではリフォーム事業を立ち上げる工務店様のご支援をしております。顧問コンサルティングは毎月の経費も低料金で始められます。

詳しくは、こちらをご覧ください。工務店塾のコンサルティング顧問契約

このリフォーム立ち上げコンサルティングの成果が現れている工務店さんがどんどん出現しております。是非ご覧ください。

建築知識ビルダーズNo.06 8月27日発売 お求めはアマゾンで

工務店塾の年賀状は今年も又ぎりぎりに・・・

工務店塾の年賀状

今年もようやく、年賀状が書き上がりました。本当に毎年ぎりぎりの出来上がりです。ちなみに去年の年賀状はこちらです。

どうして、毎年の事なのに前もってでかさないのでしょう?自分の事なのですが、本当に不思議です。25日までには、ポストに入れましょう。って言われているのにも関わらず・・・

続きを読む 工務店塾の年賀状は今年も又ぎりぎりに・・・