アクセス解析

あなたのHPに日頃どれくらいのユーザーが訪れているのか、把握する必要があります。無料で使えかなり詳しいのは何といっても、google Analytics というサービスです。http://www.google.com/analytics/ja-JP/ただしある程度の基礎知識が必要になります。
私の場合、サイトがあまりにも大きくなりすぎてしまいましたので、いまさらアクセス解析ではないのですが、住宅が欲しい、ハウスメーカーをどこにしようか迷っている、状態のお客様であれば手当たり次第HPめぐりを続けます。

アクセス解析を導入して半月から1か月くらいしますと、ある程度の傾向がわかってきます。

たとえば、

一週間の中で、一番アクセスの多い日が、金曜日と土曜日であるとか、日中のアクセスより夜の時間帯が多かった(住宅会社の場合夜が多い場合がほとんどです)
仮に、あなたのHPも夜のアクセスが多い場合、その対策はお済ですか?
えっ!なんだよ?夜の対策って?ですか。

問い合わせの受け付け、24時間体制になっていますか。資料請求や、メールでの問い合わせ、もしくは電話対応などもそうです。まさか社員を24時間会社に置くわけには、いきませんから当然電話は留守番電話で対応できますが、それをきちんと毎日切り替えているかどうかです。
自動的に夕方には留守番電話に切り替わる装備でもしていれば別ですが、社員の出入りが多い夕方などは、忘れてしまうこともたびたびです。ホームページにメールアドレスを表記しておくと、スパムメールの的になってしましますので、CGIなどを利用し自動返信が可能なメールフォームも必要になってきます。

このように、自社のHPにどのくらいアクセスがあるのか?また、時間帯やアクセス地域、などを把握しないと対策を練ることができません。家を欲しがる客層のアクセスパターンを知ることがとても、大切です。

先日、友人から聞いたのですがあなたのHPを訪問者がどのように閲覧し、どの部分をクリックしたのか、どの記事内容まで進んだところでホームページを離れたかなど、録画画面で確認できるアクセス解析ソフトができたそうです。

それにより、ホームページの内容を、変更・改良ができるので大変便利なソフトですね。

新・アクセス解析の達人 ご参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください