ホームぺージの役割(人生で高価な買い物をする人にとって)

あなたが、なぜ高価な品物を買ったのか?
思い出してください。

ある時車で移動していましたら熊のマークが入ったトラックとすれ違いました。

「かわいいイラストの車だな」特別気にとめたわけではないのですが、記憶には残りました。

それから数日後、その熊のイラストが入った会社を見かけました。「あー、この前見たトラックの会社だぁ。くまさんリフォームって書いてたな。」

それからさらに日にちが過ぎると、外壁工事の足場に貼られた、熊のマークが入ったイメージシートを見かけました。 「あの会社は普段、こんな工事をするんだ!」・・・

はじめは[点]でしかなかったものが[線]になり[面]になっていくのです。

その後、新聞広告でくまさんを見た、テレビCMでまた、くまさんを見た・・・

こうして潜在意識の中にボンヤリとしか記憶されていなかった熊のマークのトラックから、現実に家を建ててもらう会社の選択肢の中へと格上げされていきます。

それはあなたも同じ経験をしていますよね。

雑誌で見た車が、テレビのCMになっている、ガソリンスタンドで失際に見かけた・・・雑誌やTVCMで見て知ったら、会社の同僚がお昼に食べていた。奥さんとスーパーに買い物に行ったら見かけた・・・などです。こうして、自分の記憶の中でどんどん点→線→面→立体・・・とリンクさせていくのです。

インターネット時代ですよ!高価な買い物の場合、数ある選択肢の中で最後に絞り込む資料としてはホームページが最有力です。しかも最近の若い年代層はなおさらです。

セールスマンにせかされながらのショールーム見学では有意義な情報収集はできないし、紙媒体の中(広告やパンフレット)には限られた情報しか詰まっていません。
国産車の場合一番多くの情報を発信しているのはパンフレットではありません。メーカーのホームページの中です。

インターネットで情報を得るのが当たり前の時代ですから、あなたの会社がそれに対応しているかが、大きなカギになります。

当然、曖昧な内容のホームページではだれにも相手にされないのはあなたも分かっているはずです。

ホームページに本当に集客したいのであればご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください