何からはじめようか?

会社のデザイン

さて、会社の業績を上げるために今日から何をはじめれば良いのでしょうか?

まず、私たちの業界で言う”設計図”を書きませんか?
いえいえ、そんなたいそうなもので無くても構いません。

ザザザッー!と大まかな流れでOKです。
頭の中を簡単に整理して「進む方向」だけでも決めていきましょう。

家を売りたい!

どこの社長もそう考えているでしょうね。
当然、あなたもそう思うはずです。

こうしてじっとしている間に、「営業でも行って来た方が」・・・
ここで考えたいのは”営業”についてです。

よく耳にする工務店経営者のお話しですが『ウチの営業は本当に売れないんだよ』です。
「オレが紹介受注でもらってくる仕事の方が多いくらいで!せっかく高い給料出して保険もかけて、しかも歩合まで払ってるんだよ!」
確かによく聞くフレーズですね。

工務店塾では
”営業=売ること”ではありません。
”営業=欲しがってもらうこと”です。

これ肝心ですから、メモってくださいね。

要は、欲しがってもらえる商品作りがあなたの今後のテーマになるのです。
欲しがってもらえるようになってしまえば、お客が自動的に集まります。
お客さんが変わる度に、家の建て方が変わってしまうようでは”公平性”に欠けてしまうんです。

当然、毎回仕事の内容が変わると大工をはじめとする職人さんの効率が悪くなるのはお分かりですね。
毎回、同じような仕事じゃつまらないと思うでしょうが、でもそれでいいんです。
下請けの大工さんに聞いてみても、「毎回建て方が同じだと飽きるのか?」という質問をするとおおよその職人さんは『毎回同じ方が仕事のほうがはかどっていい』と答えています。
更に、お客さんにとっても、それが一番良い方法なのです。

では、具体的にどうしたら欲しがってもらえるのか?について考えていきましょう。

投稿者: 小野 透

工務店コンサルタント工務店塾を主宰する工務店専門のコンサルタントです。
工務店塾は、秋田マーケットサービス有限会社が運営しており代表取締役を務めています。
コンサルティングと併せてアプリケーション・WEB開発の監修も私が担当しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です